ネット生保が魅力的といってもいいのではないでしょうか

ネット生保が魅力的です

ネット生保が魅力的といってもいいのではないでしょうか。ネット生保はその性格上おとくにしなければお客さんがとれないといったこともありますから、サービスや価格といった点で魅力的なものにする必要もあるわけです。 どういうことかといいますと、ネット生保は保険の業界としては後発といってもいいでしょう。ですから、それまでの生命保険よりもサービス的にいいものか、価格的に魅力のあるものにしなければお客さんの獲得ができません。

 ですから、ネット生保は先行している保険を上回るサービスをできるようなさまざまな努力をしているわけです。例えば人件費のかかる営業活動などを極力避けて、比較的費用の安くて済むネットなどの広告に特化することで広告費を下げることで、保険のサービスを充実させたり、保険料を安くするといったようなことをします。このためネット生保が魅力的なものとなっていくと考えられます。後発なだけに努力しているといってもいいでしょう。

 さらにネットという透明性の高い環境がこれを後押しします。ネットでは他社との保険料の比較などが簡単にできてしまいます。ですから、不当に高い保険料などを設定すると、簡単に比較されて採用してもらえないわけです。それだけネットの情報の透明性というのはすごいことなのです。比較、検討されるということで、保険の内容や価格を他社と競合しうるものにする必要性がでてくるわけです。競争の結果魅力的なサービスや価格になるといってもいいわけです。






link/ 00/ 01/ 02/