日本では保険の加入率が諸外国に比べて高めです。保険に加入することで

保険ショップとネット生保の違い

日本では保険の加入率が諸外国に比べて高めです。保険に加入することで、万が一、病気や死亡したときに金銭の損失のカバーをしたり、精神的な支えの役割を担ってくれています。しかし、たくさんの保険に加入するとよいかというと、そうでもありません。ライフイベントとして、家の購入や養育費など、多額の出費があるわけですが、保険も同様にかけもちで加入していると、トータルのコストとしては出費が多くなります。まずは、自分や家庭が何を求めているか、それによりどのように見直しをすればよいかを考えましょう。

生命保険に加入する手段として、主に、生命保険会社の営業職員から加入する方法、来店型保険ショップにて加入する方法、ネット生保に加入する方法があげられます。1つ目の生命保険会社の営業職員から加入する方法は一般的に知られていると思うので、割愛します。2つ目の来店型保険ショップにて加入する方法では、一つの生命保険会社の専属代理店である場合と、複数の生命保険の商品を取り扱う乗合代理店の2種類があります。前者は一つの生命保険会社のみの取り扱いとなるため、比較は顧客自身で行う必要があります。後者は、複数の保険会社と代理店契約を結び、様々な保険商品を取り扱っているため、比較しやすくなっています。

3つ目のネット生保は、インターネット専業保険会社のホームページから保険加入する方法と、保険代理店が運営するインターネットの保険販売サイトから保険に加入する方法があります。前者は、人件費などのコストがを抑えることができるため、保険料が大幅に安くすることができます。また、比較的シンプルな商品が多いため、自分のニーズに合った保険商品を探し出すことが可能です。後者は、サイト内でたくさんの保険商品を比較することが可能です。また、電話やメールで相談ものってくれるため、保険の知識に疎い人でも気軽に相談するところといえます。自分がどのパターンに合うかをよく検討してから保険の加入、見直しを行いましょう。






link/ 00/ 01/ 02/